FC2ブログ
負け犬の近吠え
世の中、いろいろやってらんないよ。 せめてここでうさ晴らしさせてよ。
岸辺四郎さん
岸辺四郎さん、

その頑張ってなさそうな姿が、

頑張っても報われない今の世の中に、

マッチしてて、

癒されるかも。

でも、

癒される人は、

きっと、負け組み。

頑張ってる人は、

ああにはなりたくないと、

軽蔑するかも。

オイラは、

癒されている。

DVD 不都合な日本の真実
スポンサーサイト



大不況、派遣切り、リストラ
毎日、毎日、テレビのニュースでは派遣切り、非正社員切り、正社員リストラが報道されている。

今年の6月、秋葉原で起きた無差別殺傷事件の理由のひとつは派遣の契約解除だった。

その理屈でいけば、今は何万人もの凶悪殺人犯予備軍を生み出している。

とは言えない考え方もできる。

これほど派遣切りが起こると、

自分だけじゃない、と孤独感は薄れ、仲間がいて、反対運動もでき、政治も動かせる。

しかしながら、

職と一緒に寮など住む場所をなくす人も多い。

その人達は思うだろう。

俺達に死ねと言うのか?

間接的に言えばそうだ。

死ねとは誰も言えない。

でも、間接的には、

残る人達は、こう思っているはずだ。

俺達が生き残るために、お前らは死ね。と。

暴動が起きるかもしれない。

自殺者が急増するかもしれない。

集団自殺が起こるかもしれない。

税金を収める働き盛りが減り、

年金生活者が残れば、

勝ち組も多額の税負担に苦しむだろう。

政治家だって、

次の選挙で落選すれば、この大不況に無職になる。

人間は、まずは自分だ。

政治家が選挙に当選するための事しか考えないのもわかる気がする。

かく言うオイラも派遣切りにあって苦しんでいる。

デスノート(DEATH NOTE) 1-12巻 全巻