FC2ブログ
負け犬の近吠え
世の中、いろいろやってらんないよ。 せめてここでうさ晴らしさせてよ。
練習は裏切らない
スポーツとかね、あからさまにわかるものは、わかりやすいね。

練習してるかどうかって。

生き方ってのも一緒のような気がするね。

普段の生活の仕方が、やっぱりわかってしまうってね。

合コンとかで一発勝負しようとしたって、

やっぱわかっちゃうんだよ、うん。

けどね、練習して一番にゴールテープ切る人をかっこいいと思う人もいれば、

ビリでへとへと入ってくるのに感動するする人もいるわけで、

まー、救う神もいるってことで、

どっちでもいいや。

パトリック スニーカー PATRICK MARATHON TRTLE 94548 マラソン タートル

パトリック スニーカー PATRICK MARATHON TRTLE 94548 マラソン タートル
スポンサーサイト



教訓
よほど才能がないかぎり、

自分に正直に生きるのはやめたほうがいいぞ。

破滅するぞ。

たとえばだな、

おっけー、まちがえちゃったー、ぺろ~

って、芸能人、

あれ、あそこまで可愛くないと許されないぞ。

中途半端な人間がやったら、総スカンだぞ。

そういうことだぞ。

お金があったら幸せか?
知らん。

しかしだ、これだけは確かだ。

お金があったら、

あっただけ使える。

これはデカイよ。

お金を好きなだけ使えたら、

たいていの暇つぶしは可能だ。

幸せかどうかは知らん。

人生なんて、暇つぶしの連続だ。

好きなことができても、できなくても、

暇つぶしさ。

人生の法則
いやね、ひょっとしていい事に気が付いたかもしれないぞと。

人間ね、40歳くらいまでは、実力だけで食ってはいけるが、

それを過ぎたら、人間性に左右されることになる。

どうだ?

意味はね、

スポーツなんかだとわかりやすくて、

若いうちの選手時代は、生意気だろうが、一匹狼だろうが、

勝ったり、打ったり、記録出したりすれば、使ってもらえて、稼げもするだろうが、

歳いってそうはいかなくなったら、邪魔者になって人生ごろごろ。

現役時代に成績がチョイ悪くても、面倒見がよかったり、若者の手本になったりしてれば、

指導者やなんかでまた人生始められる。

サラリーマンもそう。

江戸サラリーマン川柳

江戸サラリーマン川柳


使われる側の若いうちは成績があれば食える。

でも、歳行ったら、おんなじ成績でも給料高くて邪魔あつかいされたりする。

そのときに出世してれば問題ないが、

人間性悪ければ、やっぱり人生うまくいかなくなる。

おまけに、若いうちは間違っていれば注意してくれたりするが、

歳行くと注意もされなくなり、諦められ、そして孤独となる。

おいら?孤独。

後藤真希さん、活動休止
後藤真希さんが、来年から無期限活動休止するらしい。

昨年1月に母親を亡くしてから心に大きな穴があいたことで自分を見つめ直し、悩んだ末の決断。らしい。

そういえば、先日自殺してしまった上原美優さんも、お母さんが死んで辛い。と言っていたそうだ。

いずれも、母親を亡くし、つらいということなんだけど、

最近こういう、母親依存な娘が多いんでないかい?

おいらは思う。

母親依存にしているのは、娘依存している母親がいけないんじゃないかと。

母親が、自分のお腹から出てきた娘を、自分の所有物のように思って、支配してしまい、娘依存になり、

娘が支配されてしまって、母親依存になってしまう。

【送料無料】〈自己愛〉と〈依存〉の精神分析

おいらは思う。母親がいけない。

可愛がるなとも言わないし、大事にするのがいけないとも思わない。

予想だが、

母親が怒る。娘は悪いことをしたと思う。

なぜかというと、母親が怒っているから。

誰々に悪いことをしたからではなく、体に悪いからとかでもなく、

母親が怒っているから悪いことだと思ってしまう。

逆もしかり。

母親が喜んでいるから、いい事したと思う。

母親の機嫌が判断基準になってしまっているのではないかと。

だから、母親がいなくなると、いい事をしているのか、悪いことをしているのかの

判断基準がなくなってしまって、行動できなくなってしまう。

女は理論で動かず感情で動き、それを疑問にも思わず、自己肯定すらする。

そういう女の悪いところが子育てにでるとそうなる。

うん、そうだ。

〈自己愛〉と〈依存〉の精神分析

〈自己愛〉と〈依存〉の精神分析

人生の格言
ハゲちゃびん [かつら・バカ殿変装かつら、ハゲおやじ、ハゲ親父、カトちゃん]

自分を馬鹿だと認めない、

もしくは、

馬鹿じゃないかと疑問にも思わない馬鹿が、

一番手に負えない馬鹿だ。

猪木詩集「馬鹿になれ」
うまくいくこと
人生をうまくいかせるようにするには、大変な努力がいると思う。

誰にでも悩みや問題があるのだけど、

やっぱり乗り越えなきゃいけない。

乗り越えられなきゃ生きてはいけない。

実はそういう文化を感じるのは、日本だけかもしれない。
批判、評論
真っ白い紙と、鉛筆一本用意。

その鉛筆で真っ白紙にまっすぐな線を一本引いて紙を2つにわけてみ。

す~。

まっすぐ書けよ~、だめだな~。

これが批判で評論。

批判や評論するのはとっても簡単。

世の中にはそんな人ばっかりだ。


運、不運
例えばだ、

絶対に得しそうな投資話があったとする、

こりゃ、運がいいぞ、と乗っかってみる。

1年くらい配当が振り込まれる、

こりゃ、本当に運がよかったよー、と喜ぶ。

しかーし、一年後に詐欺だとわかる、

うわー、騙されたー、運が悪かったぜ、となる。

すっからかんになって約五年、

運が悪かったなーと落ち込んで暮らす、

世の中にはウマい話しなんてないんだと堅実に10年、

地道が実を結び、巨万の富を。

あー、あの時騙されてよかった、運がよかった、と思う。

人生銀行 貯金箱

何が言いたいかって?

今自分がしていること、しようとしていること、

それが良かったことか悪かったことかわかるのは何年も先。

おまけに運が不運に、不運が運に、変化もする。

若者よ、

頭でっかちに、

これは自分にとって意味のあること、

将来役に立つ、立たない、

そんなこと、今は絶対にわからない。

何が将来役に立って、役に立たないか、

絶対にわからない。

動け!理屈で偉そうになるな!

結局、言い訳にしか聞こえない!

そういうことだ。


人生とは?
生きる意味とは?

なーんて、考えると頭痛くなるから、

今生きてる「言い訳」を考えますわ。

今自分がなんでここにいて、

今自分がなんでこんなことやってるかの、

「言い訳」も考えますわ。

まともな理由だの、意味だの思いつく頭はないが、

言い訳だったら、お得意さ。

人生すべてに対しての、言い訳を考えますわ。